めいぽLove②雹マティックのメイプルlifeです。


by hyoumathi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

別れ――出会い――卒業



本日をもって、中学校生活に終止符を打たれました。

ビシッ!とスーツに身を固め、義務としては最後の通学をしました。

学校へ行くと、多数の友達が様々な服装で写真を撮りあったり、

アルバムへ手向けの言葉を書いていたり、卒業を真に実感出来ました。



卒業式が始まると、流れてくる音楽が醸しだす(かもしだす)雰囲気のせいか、

泣き出す人も少なからずいました。



式が始まると、多少は予測していた事なのですが男子がザワザワと話し出したのです。

(この空気でよく喋れるな…)と心に思いました。しかし、そこはやはり中学3年生、

しばらくすれば落ち着くかな。と考えたのですが、治まる気配はありませんでした。



「自分が主役」=「何をしても良い」 ではありません。

最低限のマナーを守ってこそ、「自由」が活きるのだと思います。

普段楽しそうに接している人でも、そういう場では違う目で見てしまいます。



話がずれましたね。戻します。

卒業証書授与――送辞――答辞と順に終わり、いよいよ退場です。

やはり、その場では……何と言うか、胸が締め付けられるような感じでした。

もう一歩で涙がこぼれ落ちそうで、グッとこらえていました。


教室で最後の話が終わり、下級生や先生方、親御さんの作る花道を通って卒業です。

花道では後輩が花を渡してくれ、凄く感動しました。

その後もクラス皆で写真を撮ったり、話をしていたり…………。


名残惜しかったのですが、帰らないわけにもいかないので

帰宅し、この話を書いています。


なんだかんだ言って辛い事も多かったのですが、

3学期は笑う事のほうが多かった気がします。


また…5年後、10年後、20年後…同窓会でも開かれれば良いな、と心から思いました。
[PR]
by hyoumathi | 2007-03-15 13:23 | リアルな日常